その先に何がある

ミニマリズムと中国暮らしのこと。何が待ち受けていたとしても、思うがままに進む。

中国で働くってどうなの?現地採用のリアル①

f:id:toxgl:20170725221631j:plain

▲北京のテレビ塔

 

私は中国北京の会社で現地採用社員として勤務しています。

以前ドキュメンタリー番組で大連などのコールセンターで働く日本人が特集されたりもしていたようで(観たことはない)、海外で働くということに興味があったり、やりたくはないけどどんなもんなの?と思っている方もいらっしゃるかも知れません。
中国で2社現地採用勤務を経験した私が、中国での現地採用のリアルをお伝えしたいと思います。

 

まず結論から言うと、ノースキル(日本語のみのお仕事!語学力不問!を売りに募集されているような求人)での現地採用は金銭的にも環境的にも楽ではありません。普通に日本でフリーターしている方が稼げるし、きれいな部屋に住めます。日本と比べて残業などのストレスは減りましたが、文化の違いや皆さんのマナー的なことなど、別のストレスは当たり前ですが爆発的に増えます。

なので、中国がとにかく震えるほど大好き!中国で中国語を死ぬほど勉強したいけど、お金が全くないので留学は不可能!中国に住む恋人がいて絶対結婚するんだ!などよほどの理由がない限りは、高確率で後悔するのではないかなーと思います。

以下、愚痴っぽくなってしまった表現もあるかも知れませんが、「自己責任乙ww」くらいの気持ちでかるーく読んで頂ければ幸いです。

続きを読む

充電したら放電しよう

f:id:toxgl:20170802103511j:plain

▲果物ゴロンゴロンのお茶を良く飲みます

 

久々のブログ。ここ3週間くらいは怠け者の極みでした。

続きを読む

自分も捨てる

f:id:toxgl:20170722115949j:image

海の日の三連休は(中国在住ですが、日系なので日本の祝日は休みなのです)よく出かけました。土曜日は映画に、日曜日は山の避暑地に、月曜日はプールに。中国のプールは激混みのイメージでしたが、平日だったので夏休みキッズもそこまでは多くなく、そこそこ快適に楽しめました。上の写真は、山とそこそこ綺麗な川と湖でのアクティビティなどが楽しめる北京の十渡という場所です。

土曜日の昼間は一人で家にいたので、色々物を捨てました。

続きを読む

英語を勉強します

f:id:toxgl:20170719172429j:plain

昨日から英語の勉強をはじめました。海で暮らすためにね。まだどこの国のビーチで暮らすかは考えていないので、とりあえず共通語を覚えようと思います。最近中国語しか勉強してなかったから、ごく簡単な英単語も出てこなくて焦ったけれど、評判の良い語学学習アプリのDuolingoというのを使ってしばらくやっていたら、何となく感覚を取り戻してきた。

続きを読む

見つかった、何が?―永遠が。

f:id:toxgl:20170718135633j:plain

自分がずっと探していた理想の環境がようやくハッキリと分かりました。

 

Windows8からロック画面にランダムで世界中の景色の写真が表示されるようになっていると思いますが、今日会社のパソコンを開いたらボルネオの美しい砂浜と海、青空が美しい青と白の写真で、I like itして固定したわけですが、ああ私はずっとこういう世界で暮らすことを求めていろいろ迷走して来たんだよな、と思った。

続きを読む

私はまだまだ重すぎる

f:id:toxgl:20170714221350j:image

どんなに手放すものを迷っていたものでも、実際に放棄してしまうといつも「どうしてあんな物を持っていたのだろう」と思い、心から手放して良かったと安堵します。人生に必要な物は多くないという理由の他に、単に私がまだまだ買い物下手なのでしょう。

続きを読む

中国人が「ニセモノばっかり」と口を揃えるタオバオでYSLの口紅を買ってみた

f:id:toxgl:20170710203826j:plain

先日「もうまゆ毛描くのやめます」という記事で、持っている唯一の化粧品が口紅1本だけになったと書きました。(ワセリン、日焼け止めなどスキンケア用品は他にもありますが、色の付いたいわゆるコスメは本当に口紅だけです)今年発売したイヴサンローランのティントリップを使っていますが、これがパッケージから使い心地まで何もかも気に入っており、ミニマリストを自称しているくせにもう1本別の色が欲しくなってしまいました。色々考えましたが、現地中国人でさえも「偽物だらけ」と話す巨大通販サイト「タオバオ」で、定価より安いというイチかバチかな買い物をしてみたので、その端末をまとめてみたいと思います。

続きを読む