中国のシェアサイクルはすごく楽

日本にいたころメルカリキチガイだったので反射的に読んでしまった。

headlines.yahoo.co.jp

でも名前が「メルチャリ」って、何か言いにくいし「めちゃイケ」みたいでちょっとどうなのという感じも。

私が住むシェアサイクルの本場中国では、道をあるけば何社ものカラフルなチャリがどこにでも放置されています。日本と違い、中国のシェアサイクルは決められた場所が無いので屋外ならどこにでも返却OKなのです。

中国のシェアサイクルは二強

主要なのは中国シェアサイクル界の元祖で福岡にも進出したらしいmobikeと、

(さっき日本の公式サイト見てみたけど、「パーフェクトファースト&ラストマイル・ソリューション」とかサイト名が「Mobikeは最先端のテクノロジーを駆使した世界最大のスマートバイクシェアのプラットフォームです」になっていたり、いかにもな訳語っぽくてどうなの・・・)

イエローが目を引くofo(小黄車)。

f:id:toxgl:20170907200854j:plain

上の写真は7月に中国でも公開された映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」とタイアップした特別版です。目が付いてる。ofoのメインカラーイエローとミニオンズがマッチし過ぎですね。

ofoはこういうちょっと面白い広告付けたり、七夕にはアプリのアイコンデザインを変えるとか、細かいことを結構色々やってる印象。

 

北京のシェアサイクル事情

他の都市は知りませんが、北京だとシェアサイクルはmobikeとofoが二強です。他のも見かけるけど数は圧倒的に少なくてほぼ瀕死状態。mobikeとofo以外のシェアサイクルに乗ってる人ってマジで見たことないです。数が圧倒的に多いし本当にどこにでもあるので、ほとんどの人は必然的にmobikeかofoに乗ることになります。

マイナーなやつはデポジット無料とか頑張っていますが、数が少なくて乗りたい時に乗れないので無意味・・・。

 

個人的に見た目が好きなのはofoですが、日本のアカウントだとアプリをダウンロード出来なかったためmobikeを使っています。

登録時にパスポートの写真とパスポートを持った自分の顔写真が必要で、前者はともかく後者が流出したら勝手に借金とかも出来ちゃうんじゃ・・・というのが不安でしばらく登録していなかったのですが、通勤で歩くのが面倒&車やバイクの運転が荒すぎてノコノコ歩いていると轢かれそうで怖いので最近ついに登録したのです。

 

電動自転車もあるよ!

f:id:toxgl:20170907200841j:plain

でも気に入っているのは、彼氏が登録していて、出掛ける時に近くにあれば乗っていく電動車のmango。

見た目は原付みたいですが、スピードは自転車に毛が生えたくらいです。あ、でもペダルがあるから分類としては電動自転車ですかね。

すごく楽ちんなのでお気に入り。シェアサイクルは大体1回1元(16.5円くらい)でキャンペーンで無料になることも多いですが、こいつは1回2元からとちょっとお高め。

自転車と比べて数が少ないのと、バッテリーが充電式なので、見つけても電池切れで乗れませんでしたーということも多いのが難点ですね。今後増えてほしいな。

 

都会型ミニマリストでも良いじゃない

海外にいると、鍵を掛けてても自転車とか外に置いておくの不安になるので買うのは嫌だったのですが、シェアサイクルは所有しないので盗難を心配しなくていいし、アパートの門や会社の前など本当にどこにでも大量にあるのでかなり便利に使っています。

ミニマリスト思考の人にもぴったりですね。こういう物やサービスの供給に依存して自分の物だけ減らすのは「都会型ミニマリスト」とか言って真のミニマリストではない、とか言われることもありますが、物が豊富にある所にいる間は、供給がある限り消費する都会型のミニマリストでも別に良いんじゃないかなーと思います。
災害などを考えたらある程度の備蓄や非常用バッグは必要かも知れませんが。

 

なんか最後話がちょっとズレてしまいましたが、